• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< 中学2年生におススメしたい本 〜校閲部・校閲伎能涵養室・営業部その1 編〜 | main | 「本屋大賞2018」仕様のエントランス展示を始めました! >>
中学2年生におススメしたい本 〜組版装幀室・営業部その2 編〜

 

こんにちは。

昨日に引き続き、鴎来堂社員が選書しました『中学2年生におススメしたい本』をご紹介します。春休みにぜひ読んでみてくださ〜い!

***

●組版装幀室

『はてしない物語』
ミヒャエル・エンデ・著 岩波書店
できればハードカバー2色刷の方でぜひ。


『クローバー・レイン』
大崎梢・著 ポプラ社


『なでし子物語』
伊吹有喜・著 ポプラ社

 

 

●営業部その2

『深夜特急〈1〉〜〈6〉』
沢木耕太郎・著 新潮社 新潮文庫


『新解さんの謎』
赤瀬川原平・著 文藝春秋
本書は、三省堂の『新明解国語辞典』に載っている単語の用例を挙げながら、編纂している「新解さん」は一体何者なのか。というお話です。とても笑えます。辞書に違いがあるなんて、中々考えないことだと思いますが、本書を手にとってみて、用例一つとってみても、どう違うのかを知ってもらえるきっかけになればいいなと思います。また、日本語の深さを知っていただけたらと思います。


『くっすん大黒』
町田康・著 文藝春秋
文章は、終始難読語が使われています。辞書なしではおそらく読めないと思います。それゆえに、語られていることはとても意味ありげに見えますが、全く以てくだらないことしか書かれていません。そのギャップと内容のくだらなさ(面白さ)が面白かったです。


『雲の楽しみ方』
ギャヴィン・プレイター=ピニー・著 河出書房新社
夏と言えば入道雲ですが、科学的に(といっても平易な文章で)雲の構造が説明されていて、面白かったです。


『世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団』
山本敏晴・著 白水社/小学館 小学館文庫
自分が進路を決めるきっかけになった本のひとつです。この本に限らず様々なジャンルの本に触れることが、自分の世界を広げる手助けになったらいいな。と思います。

 

『おじさん図鑑』
なかむらるみ・著 小学館
多感な時期ですので、もしかすると世のおじさん方、しいてはお父さんが疎ましくなるかもしれません。それは理解できないからかもしれません。そんな時にこの本を見ていただくと、おじさんという者を理解し、少しだけ優しく接してあげれるかもしれません…。


『野口英世』
集英社/小学館/ポプラ社 など
小学生〜中学生時代に伝記と学習まんが(日本の歴史)をたくさん読みました。特に野口英世がお気に入りです。英世が世界各地に渡って活躍していくので、生まれの福島だけでなく、世界地誌についても興味をもつようになりました。そのおかげか地理は得意科目。大人になってから海外生活にチャレンジした下地にもなっています。

 

以上です。

 

この会社には本当に本好きな人たちが集まっているなあと、つくづく思いました。新年度からもどうぞ宜しくお願いします。

 

文責:営業本部Little S

 

| blog-ouraidou | お知らせ | 15:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
>●組版装幀室
>
>『はてしない物語』
>ミヒャエル・エンデ・著 岩波書店
>できればハードカバー2色刷の方でぜひ。

この本は本当にハードのほうで読ませたいですね。ハードのほうで読むように書かれていますから。中学生だった甥にプレゼントしたのもこちらです。組版装幀室らしいコメントですね。
| haku | 2018/04/18 2:01 PM |

hakuさん

いつもありがとうございます。
社員みんな本当にそれぞれで、
選書とコメントが個性にあふれていました。
| 営業本部Little S | 2018/04/23 8:12 PM |










http://blog.ouraidou.net/trackback/1066712
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
_