• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< エントランス展示を入れ替えました! | main | 中学2年生におススメしたい本 〜組版装幀室・営業部その2 編〜 >>
中学2年生におススメしたい本 〜校閲部・校閲伎能涵養室・営業部その1 編〜

 

こんにちは。

2017年度が終わる前に、

昨秋にあった貴重な出来事をご紹介したいと思います!

 

***

とある私立中学校2年生の方から、学園祭でお仕事紹介の展示をするので取り上げさせてください、と連絡をいただきました。先生経由ではなく、中学2年生自ら電話をかけてきました。微笑ましい度120%!約3時間ほど撮影と質疑応答形式の取材を受けました。

質問の1つに『中学2年生の私たちにおススメの本があったら教えてください!』。社内で募ったところ、ほとんどの社員から回答がありました。まさかの2日連続ブログ更新!せっかくなので今日と明日にわけてご紹介いたします。

(各社員の文章ママ)

 

■校閲部・校閲伎能涵養室

『川の名前』
川端裕人・著 早川書房
自分が高校生のときに読んで「もう少し早く出会いたかった」と思ったので。現代日本が舞台の作品ですが、むしろファンタジーなどの冒険ものが好きなかた向けかも。出版社公式サイトの紹介文にはまじめなことばかり書いてありますが、安心して下さい。結構「よい子もよい大人もマネしてはいけません」な展開になってます。


『氷の海のガレオン』
木地雅映子・著 ポプラ社 
自分が他の誰かと違うのでは、と不安を感じた時に、きっとこの本が力になってくれるはずです。


『桜風堂ものがたり』
村山早紀・著 PHP研究所
校正をしながら、本が好きで、将来、本に携わる仕事をしたいと考えている中高生が読むと、色々考えるきっかけになるのではないかな、と思っていました。


『なるにはBOOKS』
ぺりかん社
実際にその職業に就いているかたの体験談が詳細に載っているので、「どんな仕事なのか」をかなり具体的に想像できると思います(残念ながら『校正者になるには』はないようですが)。

 

『ぼくら』シリーズ
宗田理・著 ポプラ社/KADOKAWA
自分が中学時代にハマっていたので。「偉そうにしてるヤツ大嫌い」というかたはぜひお試しあれ(笑)。当時は角川文庫版(=大人向け)が流通していたんですが、現状軒並み版元品切重版未定とのこと。新刊書店で購入できるのはポプラ社版か角川つばさ文庫版で、どちらもカバーに児童向けのイラストがついています。「興味あるけど見た目子供っぽいのはちょっと……」という方は図書館などで角川文庫版を探してみて下さい。

 

■営業部 その1

感想をつけてくれなかったけどしっかり選んでくれました!

『天の瞳 幼年編〈1〉』
灰谷健次郎・著 角川書店

『妖精作戦』
笹本祐一・著 東京創元社 創元SF文庫

『偉大なる、しゅららぼん』
万城目学・著 集英社 集英社文庫

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉〈下〉』
村上春樹・著 新潮社 新潮文庫

『ムーン・パレス』
ポール・オースター・著 新潮社 新潮文庫

『キノの旅』
時雨沢恵一・著 KADOKAWA 電撃文庫

 

本日はここまで

 

文責:営業本部Little S

| blog-ouraidou | お知らせ | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.ouraidou.net/trackback/1066711
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
_