• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< 【お知らせ】企画展示『校正・校閲とは』公開中! | main | となりの家に形而上的な壁ができたってねえ。 >>
つけあわせ
@pirohon
RTの鴎来堂さん(@ouraidou)のブログ(http://blog.ouraidou.net/?day=20120224)の「皆さまお待ちかねの校正・印刷・出版用語解説」の中に“つけあわせ”っていうのがあって、私はつきあわせと言ってたんだけどつけあわせの方がおいしそうだから今度からそっちにする

編集者ひろぽんさんのツイートより

ひろぽんさんのアカウントが
「ぴろほん」となっている程度にツッコんでいたら、
その人はひろぽんさんを知らない。

詳細はMF文庫J編集部ブログ
「萌え萌え☆ひろぽん劇場」と検索してみてください。

『萌え萌え☆ひろぽん劇場』。


ひろぽんの机の上に食べかけのお菓子の袋がありました。


ss:「お、ポテチ?」

ひ:「あげる」

ss:「いいの? ありがとう!」

ひ:「しけったから」


涙のせいかいつもよりしょっぱく感じられました。

ビジュアル系編集者SHOJIさん(@ss_editor)とひろぽんさんの
愛に溢れる掛け合いはライブで見ることを強くオススメいたします。

さて、メディアファクトリーのご両人の事を書き始めると、
(楽しすぎて)話がまったく進まなくなるので、
ここいらで本題に入らせていただきます。
(ちなみにSHOJIさんが本気出したら、
 5秒に1回ひろぽんさんにツッコむことができると思う。
 ひろぽんさんは本気出さなくても、
 常にボケ続けてまわりを幸せな気分にしています)

今日はひろぽんさんがツイートした「つけあわせ」についてです。
とんかつにおける、せん切りキャベツのことではなく、
ローストビーフにおける、マッシュドポテトでもなく、
もちろんステーキにおける、にんじんグラッセでなく、
皆さまお待ちかねの用語解説でございます。


ひろぽんさんのツイートにあるように、
版元さんによってイロイロな呼ばれ方をしています。

「素読み」は誰しも「素読み」といいますが
(ただし作業内容は編集さんによって違ったりしますが)、
この作業は、
・つけあわせ
・つきあわせ
・ひきあわせ
なんて言われています。

ちなみに赤字照合を「ひきあわせ」と言う方もいらっしゃいました。
ようするに用語なのです。
この項では「つけあわせ」と表記して話を進めましょう。


「校正」は「校(くら)」べて「正(ただ)」すという意味です。
たとえば「原稿」と「それを基に組まれたゲラ」を校べて正します。
「つけあわせ」は「原稿」と「ゲラ」を、
ひと文字ずつ、ひと文字ずつ、地道に追っていく作業です。

さて、行動することだけが世界を回転させます。
さっそくやってみましょう。
次の「原稿」と「ゲラ」を「つけあわせ」だ!
(原稿)
市民Α「自分のことを虻という奴に会ったよ。君の所にも来た?」
市民Β「いや、会ってない」
(ゲラ)
市民Α「自分のことを虹と言う奴に会ったよ。君の所にも来た?」
市民B「いや、会ってない」

このような「誰でも思わず笑ってしまう小粋な哲学ジョーク」ですが、
つけあわせをしている間は笑うことはできません。

ですから、
笑わなかったあなたは校正者の素質アリです。
今すぐ校正者募集フォームにゴー
笑うことができなかったあなたも大丈夫!
落ち込む前に「かもめ校正塾」(書籍校正限定講座)を見てみましょう。

どうして笑うことができないかといいますと、
(それは冗談がおもしろくなかったわけではなくて)
「つけあわせ」という作業においては、
文章を「読む」のではなく、
文字と文字を「つけあわせ」る作業だからです。

つまり、
「市民Α」と「市民Α」を校べているうちは
まだまだ文章を読んでしまっています。
つけあわせという作業では、
「市」と「市」
「民」と「民」
「Α」と「Α」
このようにひと文字ずつ校べていくのです。
ね。うんざりするでしょ?
でもこれをやるのがプロの校正者なんだゼ!


では、答え合わせとシャレこみましょう。
みなさんは今回の「つけあわせ」で
何個の赤字を入れることができたでしょうか。

1.1ヵ所
2.2ヵ所
3.3ヵ所
4.5ヵ所


1:
「1ヵ所」とお答えになった方は、
市民Α「自分のことを虹とう奴に会ったよ。君の所にも来た?」
もしくは、
市民Α「自分のことをと言う奴に会ったよ。君の所にも来た?」
のどちらかだけを見つけたのかもしれませんね。

実は誤植を見つけた瞬間というのが
もっとも校正者の集中力が切れる瞬間ですので、
「誤植の近くに誤植がある」という場合が一番ご用心。
どちらかしか見つけることができないということがあるのです。

2:
「2ヵ所」というのは
上記の「」と「」を見つけたパターンでしょうか。
残念ながら、このゲラにはまだ赤字が入る余地があります。

3:
「3ヵ所」とは、さらに
市民「いや、会ってない」
を拾ったのでしょう。
グッドでありましょう。さらにナイスでもございます。
「ひと文字ずつ」という「つけあわせ」の基本を怠っていないその姿勢が、
あなたの眼球の奥に宿る校正者魂を熱く燃え上がらせます。
これは、
「アテナイ市民の目を開かせる自分を虻にたとえたソクラテスジョーク」
ですので、
やはり原稿は「B(ビー)」ではなく「Β(ベータ)」になっています。
ギリシャ語です。

危ないところでした。
このまま本になっていたら、
「誰でも思わず笑ってしまう小粋な哲学ジョーク」
の魅力が半減するところでしたね。
こんな文化的危機を救えるのは我々校正者だけです。
みんなで力を合わせて誤植をなくしましょう!


4:
「5ヵ所」に入朱したあなた!
さては最後の2文字は、
ゲラ
ですね!
確かに原稿と「つけあわせ」をするとき、差異は赤字を入れるべきです。
(ただ、今回は「えんぴつ出し」という選択肢もありますね)

「原稿(という文字)」が「ゲラ(という文字)」に
「変わってしまった」のか、それとも「変えた」のか、
純粋な「つけあわせ」では拾えない
素読みとしての判断をする場合もあります。
何かしらの人為的な、
つまり「オペレーションミス」ではないものを感じたとき、
(校正は愚直に文字を追うことが大事なのですが)
場合によっては、
そこに校正者の熱いメッセージを「えんぴつ出し」しましょう。


この頃は著者さんが原稿をお書きになる際、
手書きではなくコンピュータを使って書くことが多くなりましたので、
手書き原稿とゲラを校べることがずいぶん減りましたが、
やはり「つけあわせ」は校正の基本です。
「ユメユメ疎かにするなかれ」ということです。


ちなみに情報外情報として、いくつか大事なヒントがあります。
」や「」などから、
このゲラは「OCR*」でテキスト化された事が推測されます。
また、「」という入朱から
「内校の入力ミスもありうる」という心構えも必要なようです。

このようにゲラを読み進めながら、
誤植の濃度パターンを作りあげていくのも校正者のワザなのです。


まあ、とにかく「ひと文字ずつ」です。
文庫1冊の文字数は約15万文字ですから、
「ひと文字ずつ」を15万回くりかえすだけです!
しかし、この「くりかえすだけ」がナカナカ難しいんですけれども。
(だから僕らがやるんだヨ!)

「誰でも思わず笑ってしまう小粋な哲学ジョーク」に笑ってはいけない。
校正者というのはそれほどにプロフェッショナルなのです。
(くりかえしますが、冗談がおもしろくないわけではないのです)


*OCR
詳細は別の機会に譲りますが、
つまり「今回はやっかいな仕事」ということです。


文責:やなした(小粋な哲学ジョークの権威的存在)
################################
電子書籍の校正・校閲も始まりました。
必要ならばデータまわりの成形(原稿整理)も行うことができます!
詳細はこちらからお問い合わせくださいませ。
################################

========================================
「校正+DTP」パックが好評です!
→くわしくはこちらをご覧ください。
========================================


このブログは神楽坂の校正・校閲事務所鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/



鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]出張校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレータ:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]内勤(正社員):校正者、編集者、DTP、営業
[5]内勤(アルバイト):事務作業、ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
[6]DTPオペレータ:在宅、内勤問わず
[7]プログラマ(正社員):新設部署所属。言語等はお問い合わせを

募集フォームよりお申し込みください
URL:http://www.ouraidou.net/other/recruit.html




皆さまお待ちかねの校正・印刷・出版用語解説
今後紹介を予定しているのは、

赤字照合 初校 再校 校閲 校了 責了 事実確認 校訂 ルビ グラビア かかけけ(カヵケヶ) 著者校正 編集 字体 トンボ アタリ 割付 校正記号 整合性 付箋 柱 カタカナ語 日本酒 ISBN 句読点 パーレン 約物 見出し ノンブル 体裁 固有名詞 表記揺れ 助数詞 数字表記 慣用句・成句 漢字の使い分け 表現 諸橋大漢和 広辞苑 日国 辞書の使い分け ヒラク・閉ジル ≡ 裏ケイ ゲタ JIS規格 ナミ 電気ブラン 横組み つけあわせ 原稿 玉校 差別表現 きくばりカード DTP OCR スキャン 印刷 オペレータ 吸収 素読み 差し込み 出し直し ふつつか者シート 原稿整理 組版 前校 作字 6699 起こり・受け

などです。
お楽しみに!


| blog-ouraidou | 校正用語集 | 01:44 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.ouraidou.net/trackback/1066524
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
_