• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< 六月の花 | main | twitter >>
本に追いつく
サワです。
最近、暑いのもあってか毎夜毎夜つるりんとした豆腐ばかりを食べていたので、動物性タンパク質が欠乏しています。肉類が欲しいです。





今日は「本に追いつく」という題にしましたが、かつて友人がヘミングウェイの『キリマンジャロの雪』を高校時代に読んだときには何も感じなかったのに、数年経って再読したら、すべてが「わかって」しまったと語ってくれたことにちなんでいます。

私にも5年おきにくらいに読みかえす本が何冊かあって、つい先だってその中の一冊を読んだとき、友人の言うような「わかってしまった」という感覚に包まれてしまいました。

人によって、「わかって」しまう本は異なるのだと思います。

かつては、字面だけを追って、小説のなりゆきだけを見守って、「ふーん」と思って閉じていた本が、ある日突然、言葉やフレーズが力強く大きな声で叫ぶように迫ってきます。

その時、ようやく本と対話できたような気がして、「この本に追いつけた」と感慨深いです。


私が追いついた本、それは柴田翔の『されどわれらが日々』(文藝春秋)です。







この本のあらすじを簡単に説明するのは難しいのですが(展開の起伏がゆるやかだから)、一口にまとめるならば、半世紀前の学生の青春物語です。


半世紀前って……50年前ですよッ! 数年ぶりに読み返してみて今更ながらに驚いたのですが、「共産党」とか「デモ」とか「地下に潜る」とかが日常的感覚としてあった時代が、50年代なのです。


登場人物の一人が、共産党の軍事組織で潜行活動をする場面があったのですが、私とさほど歳の変わらない青年たちが、「どうしたら革命が起こせるか」を現実のこととしてひどく真剣に考えているのです。

革命。

「はぁ、すごいですね」と退いた感想を言って逃げるには済まされない切実感や圧迫感があります。体温が上がりそうな言葉です。


この本が書かれた時代背景として、さまざまな政治的スタンスをとる青年たちが言葉を発しています。過ぎ去った時代の言葉を、冷笑的に眺めて鼻で嘲笑いながら読むことも出来るのかもしれませんが、今は出来そうにありません。




今この瞬間、手にしている物が不安定であることへの怯え。

信じているものへの懐疑。

時間が経ってしまうことへの恐れ。



とか、この本を書いた当時の筆者と、数十年前にこの本を熱狂的に迎えた人々と、今この本を読んでいる私の感覚がどこか深いところで繋がっているからだと思います。


数年前の『蟹工船』みたいに、リバイバルヒットしても良さそうな本です。


#################################
電子書籍のタグ付きテキスト成形サービスを開始!
→.inddデータや写植データを.ttxやタグ付きテキストに成形します。
その他、原稿整理やデータ校正なども指定フォーマットにて行います。
詳細はこちらからお問い合わせくださいませ。
#################################

==========================================
「校正+DTP」パックが好評です!
→くわしくはこちらをご覧ください。
==========================================

文責:サワ@朝晩の寒暖差がつらいです

このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/



鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレータ:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]内勤(正社員):校正者、編集者、DTP、営業
[5]内勤(アルバイト):事務作業、ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
[6]DTPオペレータ:在宅、内勤問わず
募集フォームよりお申し込みください
URL:http://www.ouraidou.net/other/recruit.html
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております




皆さまお待ちかねの校正・印刷・出版用語解説
今後紹介を予定しているのは、

赤字照合 初校 再校 校閲 校了 責了 事実確認 校訂 ルビ グラビア かかけけ(カヵケヶ) 著者校正 編集 字体 トンボ アタリ 割付 校正記号 整合性 付箋 柱 カタカナ語 日本酒 ISBN 句読点 パーレン 約物 見出し ノンブル 体裁 固有名詞 表記揺れ 助数詞 数字表記 慣用句・成句 漢字の使い分け 表現 諸橋大漢和 広辞苑 日国 辞書の使い分け ヒラク・閉ジル ≡ 裏ケイ ゲタ JIS規格 ナミ 電気ブラン 横組み つけあわせ 原稿 玉校 差別表現 きくばりカード DTP OCR スキャン 印刷 オペレータ 吸収 素読み 差し込み 出し直し ふつつか者シート 原稿整理 組版 前校 作字 6699 起こり・受け

などです。
お楽しみに!
| blog-ouraidou | 書架 | 20:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
のうさぎマリオです。
いちおう、校正で食ってますが、池波正太郎さんのエッセイ以外、ほとんど本は読みません。めんどくさいし、おもしろくないもの(ああっ、ぶたないで!)。
お豆腐がものたりなければ、上に焼き肉をトッピングしてみたらどうでしょう。お酒のつまみにもよござんすよ〜(ああっ、ケリ入れないで!)。
| 狡猾のうさぎマリオ | 2010/06/09 9:44 PM |

マリオさん

お久しぶりです。

豆腐と焼き肉のコンビネーションやりますよ。ニヤリ。

さすがに、豆腐の上に肉をのっけたりしませんが、豆腐だけだと物足りないときに、備蓄のブタの角煮なんかを切り出したりします。


角煮の方をあんまり濃くつくらなければ…豆腐と肉の食べ合わせはいけますよ。

| さわ | 2010/06/18 1:30 PM |










トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
_