• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< 白い食品 その2 | main | 砂子の残月 >>
本質論
こんばんは。サワです。
外壁をペンキ塗り直ししている社屋はペンキ臭がします。美術室のにおいを濃厚にした香りです。
閉めきった窓から漏れてくるペンキ臭……空気の停滞……寒暖差の激しい気温などなど、によって、社内では風邪気味人口が増加中です。私もノド風邪保菌者の一人なのですが。

皆さま、お気をつけて下さいませ。

本日は、ファクトチェックと突き合わせをいたしました。

ファクトチェックが洋モノ関連だったので、日本語関係のサイトを探索している時より、アルファベットを読む眼がじわりじわりと痛くなってきます。

母語で検索できないと、作業スピードが大幅に下がります。
語学は好きだったのですが、海外に行って意思疎通を苦もなくできるレベルまでには達せずに教育を終えてしまったので、もっとやっておけば良かったと悔やんでいることの一つです。

が、懲りもせずに、趣味で『言語のズレ』とか『異言語』とかのキーワードの本に手を伸ばしたりもしています。

今までに読んできた本の中でも、「これだけやれば、絶対に身につく!」と思われる異言語学習の本質を直球で、無駄なく明晰に書いた本を一冊ご紹介したいと思います。




『古代への情熱 ――シュリーマン自伝』シュリーマン著、村田数之亮訳(岩波書店 青文庫)

実際にこの本を手にしてパラリぱらりんとページをめくってみると分かるのですが、この本の最初の三分の一くらいで、シュリーマン氏が幼少の頃にいかにしてトロヤ戦争の伝説に胸を高鳴らせ、遺跡をこの手で発掘しようと大志を抱き、その資金を得るために実業家として活動しながら多言語を習得していく過程が描かれています。

そして、後半の三分の二ほどで、遺跡発掘に着手してからの進捗について詳細に、そして学術的な要素も加えながら書いています。

私自身は、シュリーマンが実業家として着々と立身出世してゆき、超人的なペースで語学を習得していく前半の方が読みごたえがあった……と感じたのですが、その中で、シュリーマン氏が言うところの効率的な異言語習得7箇条を下に記します。



1:非常に多く音読すること

2:決して翻訳しないこと

3:毎日1時間勉強にあてること

4:つねに興味ある対象について作文を書く
  これを教師の指導によって訂正する
  毎日直されたものを暗記して、次の時間に暗唱すること

5:会話力をつけるため、日曜に教会の礼拝に2回通って、
  説教を傾聴し、その一語一語を口まねする

6:記憶力は昼間より夜中に集中するものだから、
  夜に夕方読んだ本の暗唱をし、繰り返す

7:本一冊または二冊を丸暗記して暗唱する



とまあ25ページ付近をまとめて列挙してみましたが、働きながらこれだけのことをやったシュリーマン氏は、鉄人……いや超人……なのではないかとワタクシは圧倒されるばかりです。

項目7なんて、「無理!」と悲鳴があがりそうですが、1〜6だけでも継続すればかなりの効果が期待できるかと思います。

==========================================
「校正+DTP」パックが好評です!
→くわしくはこちらをご覧ください。
==========================================

文責:サワ@旅行に行きたい

このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/



鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレータ:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]内勤(正社員):校正者、編集者、DTP、営業
[5]内勤(アルバイト):事務作業、ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
[6]DTPオペレータ:在宅、内勤問わず
募集フォームよりお申し込みください
URL:http://www.ouraidou.net/other/recruit.html
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております




皆さまお待ちかねの校正・印刷・出版用語解説
今後紹介を予定しているのは、

赤字照合 初校 再校 校閲 校了 責了 事実確認 校訂 ルビ グラビア かかけけ(カヵケヶ) 著者校正 編集 字体 トンボ アタリ 割付 校正記号 整合性 付箋 柱 カタカナ語 日本酒 ISBN 句読点 パーレン 約物 見出し ノンブル 体裁 固有名詞 表記揺れ 助数詞 数字表記 慣用句・成句 漢字の使い分け 表現 諸橋大漢和 広辞苑 日国 辞書の使い分け ヒラク・閉ジル ≡ 裏ケイ ゲタ JIS規格 ナミ 電気ブラン 横組み つけあわせ 原稿 玉校 差別表現 きくばりカード DTP OCR スキャン 印刷 オペレータ 吸収 素読み 差し込み 出し直し ふつつか者シート 原稿整理 組版 前校 作字 6699 起こり・受け

などです。
お楽しみに!
| blog-ouraidou | 書架 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) |









トラックバック機能は終了しました。
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
_