• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
〜今日の誤植〜
お知らせ=================================
6月から一時的に停止していた校正者募集を再開させていただきます。
以前募集フォームに応募してくださった方は、いましばらくお待ちください。
(ご応募いただいた順にお返事をさせていただいております。ご迷惑をおかけします)
======================================


今日は「機種依存文字」の誤植についてです。


(日)(月)(火)(水)(木)
 ↓
(○囲みの)1,2,3,4,5


〜メモ〜
「誤変換は21世紀に生きる校正者につきまとう誤植の種」
と以前のブログに書きましたが「文字化け」も然り。
困ったもんですね。

でも、
著者先生が知らん顔しても、
編集さんが途方に暮れても、
印刷屋さんが枕をぬらしても、
困ってばかりはいられない。
校正者が何とかしなければ!

我々がやっつけてやりましょう。


さて「JISコード」という言葉を聞いたことがあると思います。

このブログをご覧になるときに
主にWindowsかMacをお使いだと思いますが、
これらのコンピュータ達は実は同じ文字を表示するときに、
それぞれ違う規格を使っているんですね。

JISコードに関して書くと一日じゃ終わらないので、
改めてじっくり書くことにしますけれど、
とにかく、Macさんが○のつもりでもWinくんは□と思ってしまうんです。
(これはたとえです。“○”の場合はMacさんもWinくんも“○”です)

○囲みの1(以下「マ1」等と表記)はよく見かける困ったさん。
Winくんで「マ1」と書いたつもりでも、
Macさんでは「・」と表示されてしまいます。


↑これはWinくんで書いた「マ1」ですが、
Macさんでご覧になった皆さんは「・」と見えているのでは。
(未検証、Macさんでご覧の皆さんちゃんと見えたらコメントください)

逆に、
Macさんで「マ1」と書いたつもりでも、
Winくんでは「(日)*」と表示されてしまいます。
*実際はパーレン+日+パーレンではなく、全角ひと文字で「(日)」です。

これが機種依存文字。
困ったモンですが知識として持っておくと色々と応用できます。

たとえばゲラにこんな一文があったとします。
(日)フライパンにオリーブオイルを引く
(月)少し温まったら米を洗わずにいれ、半分透き通るまで炒める
(火)ポルチーニ茸、トマト缶、ベーコンをいれる
(水)さらに火をいれ、トマトリゾットのできあがり
日曜日に作りはじめて、できあがりが水曜日なんて、お腹空いて死んじゃう!
校正者の素読みは飢餓をも救います。


機種依存文字について知らないと、
フライパンにオリーブオイルを引く
少し温まったら米を洗わずにいれ、半分透き通るまで炒める
ポルチーニ茸、トマト缶、ベーコンをいれる
さらに火をいれ、トマトリゾットのできあがり
と指摘をだしたくなりますが、

知っていると著者さんの意図を汲んで、
マ1フライパンにオリーブオイルを引く
マ2少し温まったら米を洗わずにいれ、半分透き通るまで炒める
マ3ポルチーニ茸、トマト缶、ベーコンをいれる
マ4さらに火をいれ、トマトリゾットのできあがり
と出せますね。

むむむ、奥が深いぜ。


ちなみにMacさんもWinくんもマ1〜マ20までしか、
通常のフォントを持っていません。

マ21以上を印刷するときは、作字をしたりしないといけないんですね。
これも豆知識として覚えておくと応用がききます。


今日も力をあわせて誤植をなくしましょう!!



追伸:
リゾットは火をいれすぎるとお粥になっちゃいます。
アルデンテをキープしてくださいね。
チャオ。




注!
これらは実際にゲラにあった誤植や僕が出した指摘を基にしています。
が、あくまで一般的な日本語の話であり、
ゲラ(著者先生の作り出した世界観など)によっては、
僭越な指摘になってしまう可能性がありますので、
参考程度に留め、指摘を出す際はお手元のゲラの文脈からご判断下さい。

鴎来堂校正標語:
日本語で書かれていればそれは日本語 十年遣えばそれは慣用


※「〜今日の誤植〜」とは
新人さん教育の一環として設置された、鴎来堂の大人気社内掲示板です。
本来ホワイトボードで毎日更新されるものですが、
「こんなコンテンツを社内で独占するのは勿体ない」
というわけで公開の運びとなりました。
(本当は鴎来堂ブログのネタが尽きただけという噂もありますが)

読むだけで校正力がアップする(当社比)お得なコーナー。
今日もスイスイダラダラ参りましょう!











文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜今日の誤植〜
お知らせ=================================
6月から一時的に停止していた校正者募集を再開させていただきます。
以前募集フォームに応募してくださった方は、いましばらくお待ちください。
======================================


〜今日の誤植〜は鴎来堂の社内掲示板のコンテンツです。
最初は新人さんの教育用にはじめたものですが、
ネットに公開したら意外に好評。
どんなベテラン校正者でも語彙のエアポケットがあったりするので、
そういうものをできるだけ減らしていく一助になればいいですね。

じゃあ、さっそくはじめましょうかねー。



■1■
天井←→天上

■2■
小龍包

■3■
ひげ



〜メモ〜
1.
誤変換は21世紀に生きる校正者につきまとう誤植の種ですね。
読めちゃうから落としちゃう。
ありがちですが、編集さんが落としても我々は落とさずにいきましょう!
「天井」とあるべきところが、
「天上」となっているゲラをよく見ます。

「床にもぐって眠れないまま天上を見上げると、
 もくめが人の顔に見えてくる」
なんて文章は悩まずに「上→井」と鉛筆出しですね。

最近見た同様のケースは「露天」と「露店」です。
「露店商」とゲラにある場合は「店→天」と出したくなりますね。



2.
正しくは小籠包、「龍」ではなく「籠」です。
これはIMEやATOK2006などコンピュータの日本語エンジンにも罪があって、
「SHOURONPOU」と入力すると、
IMEでは「小論法」、ATOK2006には「小龍包」と変換されてしまいます。
(環境によっては変わると思いますが)

「小龍包」とGoogle検索をしても約407,000件のヒットがでます。
「もしかして: 小籠包」と出ないほど認知(?)されている誤植ですね。

簡体で書かれていると竹冠が目立って落とさないのですが、
そんな泣き言はぐぐっと飲み込んで、
偏や旁も落とさないように、ひと文字ひと文字を大事に読みたいですね。



3.
「ひげ」には「髭」「鬚」「髯」と三種類の漢字がありますね。
それぞれ
髭→口ひげ
鬚→顎ひげ
髯→頬ひげ
と使い分けます。
「総称として『髭』を使うことが多い」
と明鏡先生もおっしゃっていますので文脈によって鉛筆を出しましょう。


僕が以前悩んだのは
「青髭ジル・ド・レ」
というものでした。
「髭」という字が適当か瞬時に判断できなかったんです。

ペローの原題は『La Barbe Bleue』です。
ロワイヤル仏和中辞典[第2版](旺文社)には、
================================
barbe/barb/n.f.[1](顎と頬の)ひげ,顎ひげ
================================
とありました。
顎ひげならば「髭→鬚orひげ」と鉛筆を出したいところです。


ところが広辞苑では、
================================
あお‐ひげ【青髯】
 3.ペロー作の童話中の人物。6人も妻を殺す青髯の男。
================================
と立項していました。
髯(頬ひげ)ならば「whiskers」となるはず。
髯たる根拠はいかに?


NDL-OPAC(国会図書館の書籍データベース)で
「あおひげ」を検索してみると、
================================
青ひげ / カート・ヴォネガット[他]. -- 早川書房, 1989.2.
青髯ジル・ド・レー / レナード・ウルフ[他]. -- 中央公論社, 1984.1
青鬚の七人の妻 / アナトール・フランス[他]. -- 角川書店, 1953.
================================
「ひげ」「髯」「鬚」でゆれていました。
圧倒的に多いのは「ひげ」でした。
各版元さんの校閲を通れなかったのは「髭」のようです。


さて、どうしよう。

結局僕は、
「髭→ひげ」
とヒラク指摘を鉛筆出ししました。


根拠となったのは
日本大百科全書(小学館)の「ひげ」の項目です。
================================
英語では元来、包括して一語で表す「ひげ」の語はなく、
口ひげ(髭)moustache、あごひげ(鬚)beard、ほおひげ(髯)whiskersの
3種にそれぞれ区分されている。
しかし、これらが続いている場合、
bearded(ひげのある)で表されることがあるのは、
たぶん、あごひげを「ひげ」の代表とする意識があることの証拠でもあろう。
(原文改行なし)
================================
フランセの論考なのに「英語では」とある部分は目をつぶるとして、
beard(barbe)は一般的な「ひげ」をさす言葉として使われている
と読みました。

「あおひげ」の画像を調べると
「ひげもじゃ」の大男が女性に迫っている
というものが複数ヒットします。
はえているのは「口ひげ」「顎ひげ」「頬ひげ」全部です。
つまり「bearded」なわけです。

でも、これをbeard(barbe)と直訳して「鬚(顎ひげ)」
と鉛筆出しするのは強い気がします。

beardedとして(つまり総称として)ならば「髭」が適当なのですが、
日本と西洋で「ひげ」をさすイメージがずれているような気がします。

日本語の「bearded」のイメージとしては
「髯(頬ひげ)」が近いと思いますし、
文献、辞書などにも立項がありますから、
これで鉛筆出しをすれば採用される自信はあります。
しかし、「bearded」から「髯」と訳せても
「髯」という字から「bearded」をイメージすることは難しい気がします。
(「髯」という字が本文に入っていれば、
日本語として「頬ひげ」のイメージが強い気がするので)
僕は翻訳に関してはアマチュアですが、
校正者の矜持としてこれは避けたい。


よってゲラには、
「髭→ひげ」
と出したわけです。

これだけだと編集さんや著者先生にヒラク根拠が伝わらないので、
「一般的表記、ペロー童話集:完訳(岩波書店)など」
と書き添えました。
(指摘の書き添えは短くするのがマナーです)


再校が来たとき採用されていて、よろこんだおぼえがあります。




今日も力をあわせて誤植をなくしましょう!!




注!
これらは実際にゲラにあった誤植や僕が出した指摘を基にしています。
が、あくまで一般的な日本語の話であり、
ゲラ(著者先生の作り出した世界観など)によっては、
僭越な指摘になってしまう可能性がありますので、
参考程度に留め、指摘を出す際はお手元のゲラの文脈からご判断下さい。

鴎来堂校正標語:
日本語で書かれていればそれは日本語 十年遣えばそれは慣用


※「〜今日の誤植〜」とは
新人さん教育の一環として設置された、鴎来堂の大人気社内掲示板です。
本来ホワイトボードで毎日更新されるものですが、
「こんなコンテンツを社内で独占するのは勿体ない」
というわけで公開の運びとなりました。
(本当は鴎来堂ブログのネタが尽きただけという噂もありますが)

読むだけで校正力がアップする(当社比)お得なコーナー。
今日もスイスイダラダラ参りましょう!











文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 10:50 | comments(1) | trackbacks(0) |
〜今日の誤植〜
こんなメールをいただきました。

> 最近ブログをアップしていないようですが、お忙しいのでしょうか
> お手すきの時にまた読ませてください。  -Cさんより-

うぅ、僕のセンチメタルが目から溢れてしまうよ……。
なんだか更新もママならない鴎来堂ブログですが、
励ましのお手紙で俄然やる気を取り戻しました!

さーて、今日もはりきって参りましょうか!!
今日の誤植「プチ」バージョンでいきます。


〜今日の誤植〜
■1■
正装←→盛装

■2■
紅葉←→黄葉

■3■
紙面←→誌面



〜メモ〜
1.
これもするっと落としやすい誤植ですね。
結婚式には「正装」、
友達の誕生パーティには「盛装」して出かけましょう。


2.
どちらかといえば「黄葉」を落としやすいです。
イチョウなんかは紅くならないので「黄葉」を使います。
「秋。本郷が紅葉に染まる」なんて文章があったら
(文脈によりますが)鉛筆出しでしょう。


3.
これはわかりやすい誤植ですね。
「紙面」は新聞紙を「誌面」は雑誌等の場合に使います。
「本紙(誌)記者の独占スクープ!」なんて場合も同様。


力をあわせて誤植をなくしましょう!!




注!
これらは実際にゲラにあった誤植や僕が出した指摘を基にしています。
が、あくまで一般的な日本語の話であり、
ゲラ(著者先生の作り出した世界観など)によっては、
僭越な指摘になってしまう可能性がありますので、
参考程度に留め、指摘を出す際はお手元のゲラの文脈からご判断下さい。

鴎来堂校正標語:
日本語で書かれていればそれは日本語 十年遣えばそれは慣用


※「〜今日の誤植〜」とは
新人さん教育の一環として設置された、鴎来堂の大人気社内掲示板です。
本来ホワイトボードで毎日更新されるものですが、
「こんなコンテンツを社内で独占するのは勿体ない」
というわけで公開の運びとなりました。
(本当は鴎来堂ブログのネタが尽きただけという噂もありますが)

読むだけで校正力がアップする(当社比)お得なコーナー。
今日もスイスイダラダラ参りましょう!







皆様お待ちかねの校正・印刷・出版用語解説
今後紹介を予定しているのは、

赤字照合 初校 再校 校閲 校了 責了 
事実確認 校訂 ルビ グラビア かかけけ
著者校正 編集 字体 トンボ アタリ 割付
校正記号 整合性 付箋 柱 カタカナ語 日本酒
ISBN 句読点 パーレン 約物 見出し ノンブル
体裁 固有名詞 表記揺れ 助数詞 数字表記
慣用句・成句 漢字の使い分け 表現 
諸橋大漢和 広辞苑 日国 辞書の使い分け
ヒラク・閉ジル ≡ 裏ケイ ゲタ JIS規格
ナミ 電気ブラン 横組み つけあわせ
原稿 玉校 差別表現 きくばりカード
DTP OCR スキャン 印刷 オペレータ
吸収 素読み 差し込み 出し直し ふつつか者シート

などです。
お楽しみに!







文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
〜今日の誤植〜
こんなメールをいただきました。

> 「今日の誤植」を心の拠り所にしております。
> またぜひアップしてくださいませ! -Kさまより-

うぅ、僕のセンチメタルが目から溢れてしまうよ……。
なんだか更新もママならない鴎来堂ブログですが、
励ましのお手紙で俄然やる気を取り戻しました!

さーて、今日もはりきって参りましょうか!!


〜今日の誤植〜
■1■
青空青い
頭痛痛い

■2■
市ヶ谷←→市谷
四ッ谷←→四谷


〜メモ〜
1.
重言(じゅうげん)です。
青い部分と赤い部分は同じ意味ですね。
誤植ではないので目くじらたてることはないですが、
表現が重くなるので場合によっては鉛筆出ししたいところです。
一番最初古来よりつぶてなんてのもそうです。
広辞苑にも立項されていて、
豌豆(えんどうまめ)」
電車に乗車する」
馬から落ちて落馬いたした」(じゅうごん)
なんて用例が載っています。

ところで韓国語で찌개(チゲ)は「(小)鍋料理」という意味です。
「チゲ鍋」を訳すと「鍋料理鍋」となります!
うーん、でも鉛筆は出さないなあ。
同じ事を申しますが、目くじらたてるひつようはないです。


2.
固有名詞は落とし穴です。
落ちるとイタイ。
JRの駅名は「四ッ谷
東京メトロ丸ノ内線は「四ツ谷駅
ところが荻窪方面に向かうと
四谷三丁目駅」なんて駅もあったりします。
住所は「四谷一丁目」「四谷1丁目」と表記します。
あと落としがちなのが交差点名。
油断なりませんよ。

同様に
「阿佐ヶ谷←→阿佐谷」
「丸ノ内←→丸の内」
「霞ヶ関←→霞が関」
なんてのもご用心。


力をあわせて誤植をなくしましょう!!


※「四ツ谷」という表記を許容する場合もあります。



注!
これらは実際にゲラにあった誤植や僕が出した指摘を基にしています。
が、あくまで一般的な日本語の話であり、
ゲラ(著者先生の作り出した世界観など)によっては、
僭越な指摘になってしまう可能性がありますので、
参考程度に留め、指摘を出す際はお手元のゲラの文脈からご判断下さい。

鴎来堂校正標語:
日本語で書かれていればそれは日本語 十年遣えばそれは慣用


※「〜今日の誤植〜」とは
新人さん教育の一環として設置された、鴎来堂の大人気社内掲示板です。
本来ホワイトボードで毎日更新されるものですが、
「こんなコンテンツを社内で独占するのは勿体ない」
というわけで公開の運びとなりました。
(本当は鴎来堂ブログのネタが尽きただけという噂もありますが)

読むだけで校正力がアップする(当社比)お得なコーナー。
今日もスイスイダラダラ参りましょう!







皆様お待ちかねの校正・印刷・出版用語解説
今後紹介を予定しているのは、

赤字照合 初校 再校 校閲 校了 責了 
事実確認 校訂 ルビ グラビア かかけけ
著者校正 編集 字体 トンボ アタリ 割付
校正記号 整合性 付箋 柱 カタカナ語 日本酒
ISBN 句読点 パーレン 約物 見出し ノンブル
体裁 固有名詞 表記揺れ 助数詞 数字表記
慣用句・成句 漢字の使い分け 表現 
諸橋大漢和 広辞苑 日国 辞書の使い分け
ヒラク・閉ジル ≡ 裏ケイ ゲタ JIS規格
ナミ 電気ブラン 横組み つけあわせ
原稿 玉校 差別表現 きくばりカード
DTP OCR スキャン 印刷 オペレータ
吸収 素読み 差し込み 出し直し ふつつか者シート

などです。
お楽しみに!







文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 20:40 | comments(3) | trackbacks(0) |
〜今日の誤植〜
鴎来堂の大人気社内掲示板「〜今日の誤植〜」は
俄然ハリキッって更新中です。
今日もスイスイダラダラ参りましょう!


〜今日の誤植〜

■1■
×食当たり

○食あたり(中り)

■2■
×学課終了

○学課修了

×本皮の手袋

○本革の手袋

■3■
罰金を科す
租税を課す
(使い分け)


〜メモ〜
1.
当たるのは「ホームランバー」(おいしいですよね)です。
食中毒の食あたりは「食中り」と書きます。
文脈にもよりますが、とりあえずヒラク方向で。


2.
校正者として、日本語のプロとして、
言葉を知っているのは当然なのですが、
やはり知ってても落としやすい誤植というのはあります。
毎日毎日いろんな編集さんのゲラを見ていて思うのは、
「読めちゃうと落としちゃう」ということなんですね。
(これを落とさないのが校正者なんですが)

「学課終了」なんてのはその典型。
「修了」という言葉は知っていても落としやすいですね。
使い分けなので厳密に言うと誤植ではないのですが、
やはり初校なら指摘くらいはしたいところ。
「終了証書」なんてあったら悩まず指摘しちゃいますね。

皮→革もよく落ちますね。
よくよく考えるとキモチワルイ。
「皮ジャン」なんて着たくもない!

似たようなものをあげると「人衛生」でしょうか。
これもスルッと落とす方が多いです。


3.
科す←→課す
これは使い分けですね。
どちらかというと「課す→科す」という指摘が出にくい気がします。
「懲役3年の実刑を課された」
なんて文章のときは「科」を使いたいところです。



注!
これらは実際にゲラにあった誤植や僕が出した指摘を基にしています。
が、あくまで一般的な日本語の話であり、
ゲラ(著者先生の作り出した世界観など)によっては、
僭越な指摘になってしまう可能性がありますので、
参考程度に留め、指摘を出す際はお手元のゲラの文脈からご判断下さい。

鴎来堂校正標語:
日本語で書かれていればそれは日本語 十年遣えばそれは慣用


※「〜今日の誤植〜」とは
新人さん教育の一環として設置された、鴎来堂の大人気社内掲示板です。
本来ホワイトボードで毎日更新されるものですが、
「こんなコンテンツを社内で独占するのは勿体ない」
というわけで公開の運びとなりました。
(本当は鴎来堂ブログのネタが尽きただけという噂もありますが)

読むだけで校正力がアップする(当社比)お得なコーナー。
今日もスイスイダラダラ参りましょう!






文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 04:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
ネタが尽きたら
鴎来堂ブログは更新をサボっても、
鴎来堂の大人気社内掲示板「〜今日の誤植〜」は
俄然ハリキッって更新中です。

「〜今日の誤植〜」は先輩校正者が
これまでに出会った誤植たちの事を
思い出と共に綴る少しおセンチなコーナーです。

最近では納品などで訪れた外部の校正者さんたちが
まじまじと見ていく観光名所にもなりつつあります。

で、僕思ったんです。
ブログのネタがなくて更新をサボるくらいなら、
いっそ「〜今日の誤植〜」を書き写してしまえ、と。

「〜今日の誤植〜」では鴎来堂のエース校正者であるところの
兼松良徳の解説がセットになっています。
併せてお楽しみください。

では、早速はじめます。


〜今日の誤植〜

■1■
×人間ドッグ

○人間ドック(dock)

■2■
若干

使い分け

弱冠

■3■
つかず離れず


〜メモ〜
1.
これはよく見る誤植です。
しかも落としがちな誤植でもあります。
シミュレーション(simulation)のように
カタカナ語は原綴りにソロエルほうがきれいですね。

2.
「使い分け」といいますか、使い方が違います。
ご存じの通り「若干」は少量を表す言葉で、
今回の募集は−名
のように使います。
「弱冠」は本来、二十歳の男子の事を指します。
ただ、『大辞林』などでも
−一八歳にして新人王
という用例が載っていますし、
目くじらをたてる必要はないでしょう。
「弱冠三十歳」とあったら、
僕なんかは鉛筆を出してしまうと思いますが。

3.
日本語に限らず言葉は生き物なので、
辞書に立項していないからといって
機械的に鉛筆出しはしたくないものですね。

「即かず離れず」は『広辞苑』で立項され、
「付かず離れず」として『大辞林』『明鏡』などでも
立項されています。
ですから、堅い文脈の日本語に関する実用書などでは
「即かず離れず」として鉛筆を出してもいいと思いますが
(不即不離の訓読)、
そうでなければ、付→即との鉛筆出しはやや強い気がします。

同様に、
臍を噛む   → 臍を
絵に描いた餅 → 絵にいた餅
もですね。

大切なことは文脈により判断すること。
校正者のセンスは「どんな指摘を出すか」より
「どの指摘を出さないか」に出てきます。
(偉そうなこと言ってますね)

みんなで力を合わせて誤植を無くしましょう!





文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 13:55 | comments(7) | trackbacks(0) |
今日の誤植コーナー
鴎来堂にはホワイトボードが2台あります。
「アスクル タテ型ホワイトボード(両面タイプ)」
というもので、
大きくて使いやすいし、スタッキングもできてかなり便利。
おすすめの一品です。
(いまアスクルさんのサイトを見たら「在庫切れ」となっていましたが)

で、社内のミーティングがなければ、
「勉強用」と「色々と貼って連絡用」としてつかっています。

昨日から、その片方に新人さん教育の一環として、
「今日の誤植コーナー」ができました。

要するにゲラを読んでいて、拾った誤植を書き込んでいこうというもの。
基本的に誰でも書き込めます。
使い分けも書き込みます。

たとえば、
×ギブス→○ギプス(gips)
×バトミントン→○バドミントン(badminton)
陰、影や例え、喩え、喩えの使い分け等々

うーん、勉強になるなあ。
どんな校正者でも語彙のエアポケットがあったりするので、
そういうものをできるだけ減らしていく一助になればいいですね。

鴎来堂にお越しの皆様もぜひ書き込んでいってください。
もちろん、コメントしてくださってもOKですよ!





文責:柳下
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
このブログは神楽坂の校正・校閲プロダクション鴎来堂(おうらいどう)が運営しています
URL:http://www.ouraidou.net/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
事務所移転のお知らせ
引っ越しました。
移転先:新宿区矢来町109 神楽坂ローズビル5F
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
鴎来堂では校正者を募集しています
[1]募集再開 在宅校正者:一般書籍(文芸・実用)の校正・校閲・原稿整理
[2]派遣校正者:都内出版社・印刷所への出張校正
[3]OCRオペレーター:電子書籍関連業務 校正、タグ修正など
[4]急募! 内勤(アルバイト):事務作業ゲラ(校正刷り)配達等の手伝い
募集フォームよりお申し込みください
※[3]は定員に達した為、現在募集を見合わせております
URL:http://www.ouraidou.net/form.htm/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
| blog-ouraidou | 〜今日の誤植〜 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
_